ヒアリングスタジオ イメージ画像

調整

ネットを見て、本を読んで、チラシを確認して。情報はたくさん収集できたけれど、どうも周りの人たちの話によるとうまくいっていない人が多いような気がする補聴器選び難しいですよね。そうなんです。この段階では、「まだ」難しいんです。理由は、ある情報が欠けているから
『違いの分かる補聴器プラン』の画像

補聴器の調整は今や自由自在。周波数毎の音量も、音の大きさ毎の増幅具合も自由です。自由度が高い機種ほど価格も高い。※自由自在の前提として物理的なフィッティングが完了している必要があります。これはまた別記事でご案内いたします。だからこそ、購入店では事細かにリ
『自分の耳に合ったの補聴器を作る方法』の画像

本日はクロス補聴器についてのブログです。原因は様々ですが、突然片耳だけ聞こえなくなっていまう難聴もあります。48時間以内の治療が大切と聞いています。「様子は見ないで直ぐに耳鼻科を受診しましょう」それでも残念なことに難聴が残ってしまった場合、補聴器が検討さ
『片耳難聴(ストレス/疲労感)ー>クロス補聴器(改善)』の画像

本日は、補聴器による装用の効果の一例をご紹介します。60代男性。集音器を購入してみたが、室内であっても空気清浄機の騒音が大きく困っている。図は聴力のグラフです。(お伝えしやすいように骨導値は非表示してあります。)若干、右耳のほうが聞こえやすいように見えま
『補聴器で聞こえが改善 ご紹介1』の画像

後期高齢の補聴器装用の一例(耳栓)80過ぎると耳介(耳)も下がってきて、耳の穴が細く狭くなってきます。皮膚の柔らかい方だと、横から覗いてい耳の穴が見えなくなっている方も多いです。補聴器をかけても耳の上に乗っているだけで、しっかり聞こえてない場合があります
『後期高齢の補聴器装用の一例(耳栓)』の画像

本日は自分の自習も兼ねて補聴器調整を振り返ってみたいと思います。それでは、一緒にみていきましょう。70代男性お悩み1:聞き取りが困難になってきた。お悩み2:家族からテレビのボリュームが大きいと言われる。お悩み3:とにかく話を聞いて欲しい。三つ目に「話を聞
『補聴器の調整を振り返る RIC左初装用』の画像

前回 「補聴器の調整を考える その1」では、聴力の値から自動計算された補聴器調整と、その後の調整についてお話しいたしました。今日は、さらにもう一歩深く踏み込んでみたいと思います。下の図は聴力測定の結果から描かれたものです。白エリアが可聴域、グレーが聞こえ
『補聴器の調整を考える その2』の画像

本日は補聴器の調整について紹介いたします。補聴器や集音器で音を大きくしさえすれば良く聞こえる様になれば、それに越したことはありませんが、音の周波数(高さ低さ)ごとに耳の感度が異なるので、補聴器には調整が必要です。聴力の弱いところを多めに、良好なところを程
『補聴器調整を考える その1』の画像

↑このページのトップヘ