よしかわ様(仮名)78歳
初装用・初日
HAdialyCover

私は78歳の女性です。
足腰も元気で駅のエレベーターやエスカレーターには乗りません。階段です。
老眼鏡も必要ありません。

しかし、耳が老いるとは考えてもみませんでした。
娘夫婦から、私と会話をすると何度も聞き返すので大きな声を出すから疲れるといわれショックでした。そう言われてみるとテレビのボリュームも25、26,27と大きくなってきたし、お友達とお話をしているとき、「え?」と聞き返すことが多くなりました。
聴覚の衰えで情けなくなり心細くなっていました。そんな時、娘が知り合いの補聴器専門のオカダさんに相談していたのです。

そして8月の初めにお約束してオカダさんが訪問してくださいました。
その日、聴力を図って、お話を聞いてくださり、耳のサイズにも合わせてくださいました。
2時間程度で私の耳に合った「初めの補聴器」が出来上がったのです。
これから1か月、補聴器を装着して慣れること、また使用前と使用後の聴力の違いなどを書き記していきたいと思います。

つづく

HAdialy_01

※この日記は、よしかわ様の個人的な感想です。
合わせて当時のインタビュー動画もアップしていきますのでお楽しみに。

動画はこちら