補聴器の購入先について考えてみましょう。

・補聴器専門店
 ◎本業であるので技術・知識・経験が蓄積されていると考えられます。
 ◯補聴器相談医や耳鼻科との連携が取られている。
 △必ずしも自分の生活圏にあるとは限らない。場合によっては電車に乗っていく必要も。

・眼鏡店
 ◎視力と聴力のケアが同じところでできるので利便性が高いです。
 ◯近所で補聴器の検討・調整のできる販売店を見つけやすい。
 △担当者の経験や学習時間が少なくなりがち。

・耳鼻科
 ◎治すべき疾患のある難聴か否かの診断があります。
 ◯定期的な診察で疾患をいち早く発見。
 △混雑による待ち時間と自分の都合で補聴器をみてもらえない。

・通信販売
 ◎安価です。
 ◯自宅で完結。
 △調整・アフターフォローなし。

他にも検討ポイントがありますが、全てに置いて言えるのは、
補聴器には「計画的な調整」と「定期的な調整」が必要だと言う事です。

特に初めての補聴器は、音の感じ方が日を追うごとに変わります。
「通える」場所を選ぶように心がけると良いと思います。
皆様の大切な補聴器が見つけられることを願っています。

ヒアリングスタジオ